車 売却 買取業者

無料出張査定の買取業者に車を売却する

以前は、車を売るといったら、新車を買う時でも、中古車を買う時でも、購入先の車屋さんが「下取り」をしてくれるというのが当たり前でした。

 

ところが、最近では無料で出張査定をした上で、買い取ってくれる業者が数多く存在し、「買取」か「下取り」かをユーザーが比較し選択することが当たり前になってきました。

 

ここでは、そんな無料出張査定の買取業者に車を売却するメリット・デメリット・注意点を解説します。

 

買取査定業者に車を売却するメリットとは?

家にいながら査定が受けられる

無料出張査定のいいところの一つは、店舗に出向かなくても自宅にいて査定が受けられることです。

 

査定時間中は、車販売会社で査定を待つような退屈な時間を過ごすことはなく、自宅でのんびり待つことができるので何社査定してもらっても全く苦になりません。

社外パーツ・オプションがプラス評価も

純正以外のアルミホイール・エアロパーツなど、自分で取り付けた社外パーツも車種によってはプラス評価されることがあります。
特にカーナビなんかは、純正のものより社外品のカーナビの方が機能が充実したりしています。

 

このようなあなたの車の特徴は、「アピールポイント」として査定申し込み時に記入しておきましょう。

 

手続きも簡単

車を売却する時に気になるのは、売却後の手続き。
しかし、買取業者に売却すると、その必要書類ほとんどを揃えてくれる上に、書き方も教えてくれて代行もしてくれます。

 

買取業者の担当者は、査定もプロですが、手続きについても本当に詳しいので、言うとおりに進めていけば全く問題ありません。

 

何と言っても査定額が高い

一般的にいろいろな理由から、買取査定額の方が下取り査定額より高いと言われています。

 

しかし、下取り価格の方が高かったり、買取業者間でも勝ったり負けたりということが発生します。

 

私たちユーザーは、少しでも高く買ってくれる買取業者が見つかることは一番うれしいことですが、それには何社も何社も比較してみるしかないですね。

 

TOPページ車売却体験談と「高値売却の秘訣」

 

買取査定業者に車を売却するデメリットとは?

実際、買取業者に車を売却した時にも、それほどデメリットは感じませんでした。
しかし、不自由に感じることまあります。

 

納車直前まで車が使えない?

買取業者は査定した時の価格をユーザーに伝え、その時の価格同士で競争をします。

 

買い取ったらすぐオークションに出す、自社販売網へ流通させるなど、販売価格が下がらない内に早く売ってしまいたいところでしょう。

 

素早く買い取ってくれることはありがたいのですが、次の車の納車まで車がないという状態は非常に不便です。

 

中古車の場合は車さえ見つかっていれば短い納期で納車されますが、新車の場合は人気車になるほど納期は長くなり、納車されるまでは今の車に乗り続けなければなりません。

 

中には「代車を用意します」という買取業者もいますので、代車を用意してもらうのも方法の一つですが、できれば愛車は納車直前まで乗りたいですね。

 

買取査定業者に車を売却する時の注意点

買取業者に査定をしてもらうと、「すぐ売ってください。時間が経つと値段が下がります。」と言ってきます。

 

もちろん査定額が下がることも本当かもしれませんが、本音は他社に査定させたくないことが一番大きいでしょう。

 

買取業者にしてみれば、他社に査定をさせると、査定額が上がる可能性が高くなるため、少しだけ高めの査定額をつけて早く買い取ってしまいたいのは当然です。
ということは、私たちユーザーは、何社も何社も査定をしてもらい、じっくり査定額を比較しなければ安い価格で売ってしまう危険があるということですね。

 

私も車を売却した時、何社も何社も査定してもらった結果、やっと納得できる査定額を出してもらうことができました。

 

売却決定までの経緯をトップページで書いていますので、ぜひご覧ください

 

無料出張査定の買取業者に車を売却するメリット・デメリット・注意点とは?関連ページ

ディーラーへの売却(下取り)
車の売却先別に特徴を解説。ここでは、ディーラーに下取りに出すメリット・デメリットや注意点を解説しています。
中古車販売店
車の売却先別に特徴を解説。ここでは、中古車販売店に売却(下取り)するメリット・デメリットや注意点を解説しています。