車 売却 中古車販売店

中古車販売店に車を売却(下取り)する

中古車販売店には車を売却する場合もあれば、その販売店で中古車を購入する場合には、下取りに出すこともあるでしょう。

 

ここでは、中古車販売店に車を売却する時のメリット・デメリットについて解説していきます。

 

中古車販売会社に車を売却(下取り)するメリットとは?

手続きが簡単

ディーラー同様手続きが1カ所で済むので簡単です。

 

特に下取りに出す場合は、一度にすべての手続きは進み、ほとんど中古車販売会社が代行してくれます。

 

しかし、車を他で購入し、売却するだけの場合は手間が一つ増えることになります。
といってもほとんど代行してもらったり、手続き方法は教えてもらえるので心配は不要です。

 

納車直前まで車を使用できる

これも下取りに限って言えば、ディーラーと同様納車直前まで車にのることができます。

 

ただし、買取のみの場合は、代車が借りれるのかどうかは確認が必要です。

 

融通が利く

特に長年付き合いのある中古車販売店は、販売から車検、修理、売却まで全てワンストップサービスで行ってくれます。
当然、自動車保険の手続きや、車検時の代車の用意まで車に関することはいろいろ相談することもできます。

 

専門店なら高値買取も?

例えば、四駆なら四駆を専門に扱っている会社、ミニバンならミニバン、スポーツカーならスポーツカー専門の会社が存在しています。

 

そういった専門店の場合は、買い取った車をオークションに出すこともあれば、自社での販売も得意としています。

 

あなたが車を売却する時に、偶然、その車を探しているお客さんがいる場合など高値買取も期待できるかもしれません。

 

ただし、売却する価格の適正は事前に調べておくことをおススメします

中古車販売会社に車を売却(下取り)するデメリットとは?

下取りと値引きがあいまい?

これは車の売却先と車の購入先が同じ場合は、必ず気にしたいポイントです。

 

例えば、見積もりをもらう時、「この中古車は値引きがなかなかできないので、下取りをUPしました。」と言われます。

 

この時、下取りの適正価格がいくらかわかっていないとそれが得なのか損なのか判断できません

 

一見下取り額をUPしてもらうと得したように思えますが、そこはしっかり自分で見極めることが必要です。

 

下取り価格や買取価格は、必ず他でも調べてしっかり比較し、その後値引き交渉に入りましょう。
それが車購入時の鉄則です。

 

中古車販売店に車を売却(下取り)するメリット・デメリットとは?関連ページ

ディーラーへの売却(下取り)
車の売却先別に特徴を解説。ここでは、ディーラーに下取りに出すメリット・デメリットや注意点を解説しています。
車買取業者
車の売却先別に特徴を解説。ここでは、車の無料出張査定をしてくれる買取業者に売却するメリット・デメリットや注意点を解説しています。