車 売却 ディーラー

車をディーラーに売却(下取り)する

特に車を買い替える時、車の売却先として一番簡単に思いつくのは、新車を購入するディーラーではないでしょうか?
ディーラーに車を売却する、つまり新車の購入代金の一部に売却代金を充当する下取りのことですね。

 

ここでは、ディーラーに下取りに出すメリット・デメリット・注意点を解説していきます。

 

特に、下取りに出す時の注意点は必ずご確認いただきたいと思います。

車をディーラーに売却(下取り)するメリットとは?

車をディーラーに下取りに出すメリットとして考えられることがいくつかあります。

 

手続きが面倒ではない!

ディーラーに下取りに出す時のメリットの一つは「面倒ではない」ことでしょう。
車の購入先と売却先が同じなので、手続きも一度で済んでしまいます。

 

手続きも特に自分で調べて行うものはなく、ディーラーの営業マンが全て段取りし、全て教えてくれます。
売却する価格は置いておいて、「とにかく面倒な手間を省きたい」という方は、ディーラーに下取りをしてもらうのが楽ですね。

 

納車時まで自分の車を利用することができる

新車を購入する場合、ある程度納車までの期間があります。

 

その間、車がないのは困りものですが、買取業者によっては「すぐ売ってください」など、全く売る側のことを考えない業者も存在するようです。
もちろん代車の用意はしてくれるのですが、長年乗ってきた愛着ある車は、次の車の納車寸前まで乗っていたいというのが普通でしょう。

 

その点、新車の下取りはそんな心配もなく、納車と同時に車を引き取ってもらうのが当たり前です。

 

提示された下取り額は納車時まで変わらない

新車には納車までの期間がありますね。
1カ月で納車される車もあれば、数カ月待たなければならない人気車もあります。

 

特に数カ月待ちの人気車を購入する時、買取業者は数カ月先の買取契約はしてくれませんが、下取りの場合は購入契約時点で半年先の下取り額も決まります。

 

古い車や不人気車にも値段がつくことも

買取査定ではなかなか値段がつかないような車でも、新車の下取りなら値段がつくこともあります。
ただし、新車の値引きと一緒になっているケースも多いので要注意です!

 

ちょっと無理が効く?

例えば、次の車は決まったけど、今まで使っていたスタッドレスタイヤのサイズが合わない・・・。

 

こんな時、ちょっと無理をお願いできるのもディーラーのいいところ。
下取り車と一緒に持って帰ってもらうこともお願いできるかもしれませんね。

車をディーラーに売却(下取り)するデメリットとは?

車をディーラーに売却(下取り)するデメリットをご紹介します。

 

2点目は一番気になるところですが、メリットとのバランスを考えてご利用ください。

 

社外品などの評価は低い

自分では気に入って買った社外品のパーツや装備など、マイナスに評価されることは多くてもプラスに評価されることは少ないようです。
社外品にお金をかけてしまった方、ドレスアップした車が自慢の方は専門店や買取業者の方がおすすめです。

 

下取り価格が安い

基本的に下取り価格より、買取業者の買取価格の方が高いというのは一般的に言われていることです。

 

他のサイトを見てもそのように言っていますし、私自身が査定してもらった結果も「下取り査定<買取査定」でした。
一概にどちらが高いということはないそうですが、新車購入時には「高く見える下取り査定額」が出てくるので注意が必要です。

 

一見高く見える下取り額を提示されても、値引き額を下取り額に乗せているだけという可能性は高いです。

 

では、どのようにしたら、「下取り査定額」が正しいかどうかわかるのでしょうか?

車をディーラーに売却(下取り)する時の注意点【重要】

営業マンはこんなことを言ってきます。

 

「あまり値引きができない車種なので、その分下取りで頑張りました。」
「通常80万くらいの査定ですが、90万で下取りさせていただきます。」

 

ここで注意したいのは、その「80万や90万という査定額」は本当に正しいかどうか?ということです。

 

もし、その車が95万円で売れる価値があったら、もうその時点で数万円損していることになります。

 

しかし、この査定額が正しいかどうかはプロが査定しないとわかりません。

 

であれば、プロに査定してもらって、先に正しい下取り額を調べておけばいいわけですね。

 

そんな時にこそ、無料で査定してくれる出張査定を利用するのです。

  1. 買取業者に査定してもらい、ディーラーの下取り額が正しいかどうか調べる
  2. ディーラーに行って見積りを出してもらう
  3. 買取業者の査定額を提示してみる
  4. 値引き額(値引き額単体)の交渉に入る

 

この順序なら、先に査定額が調べてあるので、ディーラーで出してもらう査定額が正しいかどうかわかりますね。

 

 

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド

 

なんと約30秒の入力で申し込み完了
一度の入力で最大10社まで一括査定申し込みが可能です。

 

入力後すぐに概算査定額がわかるのも魅力!
入力が面倒な方、お急ぎの方にはこちらの利用をおススメ!
私も今ならコレを使います。

 

 

ズバット買取比較

ズバット車買取比較

 

こちらの車一括査定サイトも入力項目が少ないので依頼は簡単。
住所や車の情報など30秒〜1分くらいで入力は完了。

 

最大10社に一斉に無料出張査定を依頼することができますので、あとは連絡を待ちましょう。

 

 

カーセンサー

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

査定に来てもらう会社や自宅の住所、売却する車の情報を入力するだけで申し込みは完了です。
3分程度で複数の査定会社に一括査定を依頼することができます。

 

売却完了まで手数料は一切無料
リクルートが運営する車の売却や査定に関する情報も満載のサイトです。

車をディーラーに下取りに出すメリット・デメリットと注意点は?関連ページ

中古車販売店
車の売却先別に特徴を解説。ここでは、中古車販売店に売却(下取り)するメリット・デメリットや注意点を解説しています。
車買取業者
車の売却先別に特徴を解説。ここでは、車の無料出張査定をしてくれる買取業者に売却するメリット・デメリットや注意点を解説しています。