車 売却 査定

車を売却するとき、査定って何を見られるの?

車を売却するとき、一番気になるのはもちろん査定額ですよね?

 

でも、査定をする買取会社の担当者はどこを見ているのか気になりませんか?

 

そこで、買取会社の担当者は、どんなところをどんな順で見ていたのか挙げてみます。

 

査定の順番、査定でチェックされる場所など

実際に査定を受けてみて、買取会社の担当者が見ていたところや質問してみたことなどを書きます。

 

1.最初にチェックするのは車検証などの必要書類

買取会社の担当者が、来てあいさつ後一番最初にするのは「車検証」などの必要書類のチェック。

 

車検の残りや修復歴、年式・グレードなどを間違いなく書類でチェックします。
事故歴の有無も口頭で確認があります。

 

 

2.書類チェックが終わったら外観チェック

書類で車についての概要把握が済んだら、ほとんどの査定会社は外観を一通りチェックしていました。

 

フロントガラス、サイドミラー、ヘッドランプにキズがないか?車両に傾きや凹みはないか? 違法な改造箇所はないか? タイヤやホイールに異常がないか?
などいろいろ見るそうです。

 

オプションなどの確認もしているので、アピールするべきオプションはアピールしましょう。

 

 

3.外装・内装チェック

外装や内装を時間をかけてチェックします。
特に事故歴や修復歴はここでしっかりチェックしています。
隠していてもすぐにバレるので、最初から申告することをおススメします。

 

大きな修理については気にしていますが、簡単に直せるような傷については大した問題ではないようでした。

 

 

4.エンジン・ライトなどのチェック

エンジンの状態やライトのチェックも行います。

 

もちろんブレーキ、エンジンルームなどいろいろなチェックをしますので、バッテリーがあがっている場合などは、事前にその旨を伝えておかないとエンジンのチェックができないので、査定額に影響を及ぼす可能性もあります。

 

 

5.オーディオ・カーナビ・ETC

オーディオやカーナビもチェックしています。

 

カーナビはついていれば査定UPということはないので、こだわって付けた方はどんな機能が優れているのか要アピールです。

 

ETCについては、後から簡単に付けられるので、それほど査定額を左右しないようでした。

 

 

6.他の買取会社の査定価格

これも一応聞いてきます。

 

他社の査定額を聞いて、それを上回ってくれればいいですが・・・。

 

査定時は、こんな感じでこんな感じで車をチェックし、質問をしてきました。
細かくは各社違っても、大体の流れは同じです。

 

 

TOPページ車売却体験談と「高値売却の秘訣」

車売却・下取りの査定※査定はどこを見ているか?関連ページ

車売却の流れ
初めて車を売却する方必見!車買取業者への査定の申し込みから、売却代金受け取りまでの車売却の流れを解説。大まかな流れがわかります。
売却契約後の流れ
車の売却契約後の流れを解説。引き取り日時の決め方、必要書類や売却代金の支払いについて。