車売却契約後の流れ

車の売却契約後の流れ

車を買い替える時、または車を手放す時、下取りであっても買取であっても、何社か査定を受けた後に売却の契約をすることになるでしょう。
ここでは、売却が決まった時から、契約後の流れまでをシンプルにご紹介します。

 

車売却の流れのページでもご紹介しましたが、売却する業者が決まったら、契約→車の引き渡し→代金受取りという順に進んでいきます。
これをもう少し詳しく見ていきましょう。

 

売却する業者を決める

車を売却する業者を決める時、ほとんどの方は下取り査定や買取査定を何社か受け、「一番高い査定額をつけてくれる業者」に売却をするのではないでしょうか?
まず、ここで注意しなければならないのが査定額。
提示した査定額が、実際の振込額である業者と、その査定額から手数料等を引く業者がいます。
例えば、1社が99万円、もう1社が100万円の査定額を出した場合、2社とも振込額であれば問題ないのですが、高い方が振込額で提示していない場合、実際の支払い額は99万円の業者の方が高くなる可能性があります。
これは売却の契約後に知っても遅いので、査定を受ける時点で確認しておきましょう。

 

売却の手続き

車の売却時には、当然、必要な書類があります。
個人の場合と法人の場合で違いはあっても、車検証・自賠責保険証明証・納税証明証など必ず必要な書類があります。
これらがそろって初めて売却手続きをすることができますが、必要書類に関しては、全て売却先の業者(ディーラー買取業者)が教えてくれますので、教わりながら、また代行してもらえるものは代行してもらいながら進めていきましょう。

 

車の引き渡し

売却が決まったら、車の引き渡し日時を決めます。
車は基本的には引き取りに来てもらいますが、車検切れや不動車の場合、査定を受ける時にその費用も含めて相談しなければなりません。
引き取りについて、特に買取業者の場合は早く引き取ることを希望するようですが、ここは次の車への乗り換え時期なども含めて、こちらの希望を伝えましょう。
どうしてもお互いの希望が折り合わない時は、代車を利用することも検討しなければなりません。
これらの状況を考えながら、引き渡し日時を決め、それまでに必要書類を整えるようにしておきましょう。

 

売却代金の受取り

売却代金の受取り方法は、売却先によって違いがありますので確認が必要です。
下取りに出す場合は、新たに購入する車の代金と相殺され代金が支払われることはほとんどありませんが、高級車を下取りに出して軽自動車を購入する場合など、下取り価格の方が高い場合には代金が支払われます。
また、買取業者に売却する場合、ほとんどの業者は車の引き取り後数日以内の振込みです。
車の引き取り時に現金で支払いということはほとんどありません。

 

引き渡し後の確認

車を引き渡した後、代金支払いと同じく確認することがあります。
それは名義の変更。
売却手続き書類の中に名義変更の手続きも含まれますが、名義変更が済むと売却先の業者から連絡があります。
この連絡があって売却は完了します。

 

ここまでが、売却決定からの流れです。
これを知っておくと、査定を受ける時に何を確認しなければならないかがわかりますね。

 

 

車売却体験談と「高値売却の秘訣」はTOPページへ

車売却契約後の流れ|車の引き取り・書類・支払いは?関連ページ

車売却の流れ
初めて車を売却する方必見!車買取業者への査定の申し込みから、売却代金受け取りまでの車売却の流れを解説。大まかな流れがわかります。
査定って何を見るの?
車の売却や下取り査定に出す時、査定の担当者はどこをチェックするのか、どのように見ているのかを解説。これで事前にキレイにしておくべきところがわかります。