車検切れの車 売却

車検切れした車や不動車も簡単に売却できる!

「乗らずに置いてあった車が車検切れしてしまった・・・」
「車検切れした車を売却したい」

 

そんな方もいるのではないでしょうか?
理想としては車は車検前に売却した方が高く売れるのですが、車検時期が過ぎてしまった場合は仕方ありませんので、これからいかに損することなく車売るかを考えなければなりませんね。(参考:車検前の売却

 

もちろん車検切れした車も売却は可能ですが、車購入時に下取りに出す場合とは違い、ディーラーや中古車販売店では高値での売却は期待できません。
そこで、売却時に知っておきたいことと、少しでも高く売る方法をご紹介します。

 

車検切れした車を売る!

まず、車検前の車と車検切れした車の違いを明確にしておきましょう。

 

公道が走れない

車検切れした車は公道を走行することができません。
この車を移動させるには、積載車に乗せて運搬するか仮ナンバーを付けて輸送する必要があります。
このため、運搬をするための費用が掛かる可能性もあります。

 

法定費用が未払い

車検時には、自陪責保険料・重量税・印紙代という法定費用があります。
これは車検を受ける時に誰かが負担しなければなりませんが、車検を受けていない場合、この法定費用が払われていないわけですから、車検前の車の査定額とこの分の差がつくのは仕方ないことです。

 

 

車検切れした車の売却時に、査定額に直接影響があるのはこの2つの原因でしょう。
では、車検切れした車の査定を受ける時、実際に受け取ることができる正確な査定額を出してもらうにはどうしたらいいでしょうか?

 

車検切れした車の査定時に確認すること

車検切れした車を単に売却するには、車の販売会社ではなく買取業者に売却するのが正しい選択です。
理由はもちろん、下取りに出す場合と違って、販売会社では高く買ってくれる可能性が低いからです。

 

では、買取業者に査定を申し込む時には、どのような順序で申し込むと正しく査定額を出してくれるのでしょうか?

 

申込み時に「車検切れ」を伝える

車検切れした車は積載車または仮ナンバーによる運搬が必要です。
その費用を引いた上で正しい支払い額を出してもらうには、最初に「車検切れした車」であることを伝えておいた方がスムーズです。
査定は一括無料査定で依頼するのが楽ですが、申込み時に車検時期を記載する箇所があればその部分に、無い場合は備考欄に記載します。
車検切れを伝えることができない場合、ネット申し込み後に電話連絡がありますので、そこで車検切れを伝えましょう。

 

査定時に再確認

査定額を提示してもらう時、当然車検時期の確認もしてくれますが、運搬費用についても確認しましょう。
査定をお願いするすべての買取業者に同じ条件で査定額を出してもらうのが得策で、1社目から「運搬費込の振込額」をお願いすれば買取価格の比較が簡単です。
何社かは運搬費込の振込額、何社かは運搬費は別途で手数料も別途となると一度に比較ができませんからね。

 

 

この2つを確認しておけば、車検切れした車の売却もトラブルはなくせるでしょう。
中には運搬費用がかからない業者もあるようなので、少しでも実際の振込額が高い業者を探したいところですね。

 

 

 

車検切れした車も意外な高値で売却できます!関連ページ

故障車の売却
故障した車は売却できないのか?故障車の売却について解説します。故障した車は売れないだろうな・・・と諦める前にこちらをご覧ください。
10万キロ以上の車の売却
走行距離10万キロ以上車でも売却は可能です。10万キロ以上走った車や、10年落ちの車などを売却するときに絶対損しない車の売却方法をご紹介します。
古い車(10年落ちの車)売却
新車から10年経過した10年落ちの古い車も売却が可能です。実際にどれくらいの価格で売却されているのか?また、どのように売却したら損しないのか解説しています。
トラックの売却
どんな車でも売却は可能です。このページでは、小型・大型トラックの売却について解説します。2t・4t・10tから軽トラックなどトラックを下取りに出す前にぜひお読みください。
アメ車の売却
アメ車(米国産の車)も売却は可能です!しかし、国産車とは事情が違うため、売却方法もまた違ってきます。アメ車を高値で買取してもらうための唯一の方法とは?
ローン中の車の売却
ローン中の車の売却について。ローンが残っている車の売却についての注意点やローン残債の支払い方法など。